小野塚征志
小野塚征志
パートナー / 東京オフィス / 03-3587-6660

新刊書籍「サプライウェブ - 次世代の商流・物流プラットフォーム」を日本経済新聞出版より発行いたしました。

「サプライウェブ」とは、不特定多数の調達先・納品先との自由な取引を可能とする次世代の商流・物流プラットフォームです。マスカスタマイゼーションの拡大、コト売りへの変革を見据えるに、取引先との固定的な関係を基本とした「サプライチェーンマネジメント」では、供給プロセスの最適化を図ることが難しくなりつつあります。「チェーン=鎖」から「ウェブ=クモの巣」への進化は必至といっても過言ではありません。ポストコロナに向けたビジネスモデルの変革は、この動きを加速させるはずです。

インターネットは広く多くの「情報をつなぐ」ことで、生活の便利さ、豊かさを大いに向上させました。「サプライウェブ」は「モノと情報をつなぐ」仕組みです。その実現は、企業活動のみならず、日々の生活に対してもインターネットと同等以上の革新をもたらします。かつてのIT革命以上の社会変革が起きようとしているのです。

本書では、家電、自動車、アパレル、製薬といった業界でのサプライチェーンを取り巻く環境変化、「サプライウェブ」への進化とその基盤となるプラットフォームビジネスの出現を解説するとともに、このゲームチェンジがもたらす機会と脅威を記しています。 

【本書の構成】
序 章 コロナショックはサプライチェーンにどのような影響を与えたのか
第1章 サプライチェーンを取り巻く環境変化
第2章 チェーンからウェブへの進化
第3章 あらゆるプロセスがつながること
第4章 本来必要のないプロセスがなくなること
第5章 サプライウェブプラットフォーマーの出現
第6章 サプライウェブの描く未来

発行元: 日本経済新聞出版
発行:  2020年12月18日

CATEGORY TOP
PAGE TOP