LFP-企業が「並外れた敏捷性」を手に入れる10の原則
BOOKS
2015.10.22

LFP-企業が「並外れた敏捷性」を手に入れる10の原則

LFP-企業が「並外れた敏捷性」を手に入れる10の原則
遠藤 功
遠藤 功
会長 / 東京オフィス / +81 3587-6660

私たちは、今これまでに出会ったことのない新たな経営環境、つまり予測不能なグローバル経済の真っ只中にいる。

本書では、この乱気流の時代を生き抜くための秘策を具体的な事例を交え解説する。

LFPが意味する「ライト・フットプリント」とは、「足跡が残らないほどの速さ」を意味するアメリカの軍事用語である。このLFPこそが、めまぐるしく変わり続ける経営環境に適合するためのキーワードであり、「足跡が残らないほど敏捷で、変化に柔軟な経営」を身につけた企業だけが、この時代を生き延びることができるのだ。大企業病に陥ったままでは、待つのは死のみである。

シュナイダーエレクトリック、ZARA、BMW、東レ、セブン&アイ、トヨタという欧州と日本を代表する企業の実践事例の他に、グーグルやウーバーといった「LFPネイティブ」といわれる「生まれながらに“速い”企業」の事例も取り上げ、世界のスピード感を体感できる内容となっている。

発行元:PHP研究所
発行日:2015年10月22日

CATEGORY TOP
PAGE TOP