【哲学者マルクス・ガブリエル特別対談】日本の組織と多様性- ローランド・ベルガー Diversityプロジェクト vol.1

RolandBerger 編集部
RolandBerger 編集部
/ 東京オフィス

欧州に起源をもつローランド・ベルガーでは、多様性の尊重や個を重んじるカルチャーが深く根付いている。多様性はいま社会からビジネスまであらゆる場でのキーワードだ。しかし、「周りと同じであること」や「いままでと変わらないこと」を求められる傾向の強い日本において、その実現には多くの課題がある。

そんな日本において、目指すべき多様性の在り方とは、どのようなものか。多様性を尊重しながらも結束力の高い組織とは、いかにして実現できるのか。 著書『なぜ世界は存在しないのか』『わかりあえない他者と生きる』で知られる気鋭のドイツ人哲学者マルクス・ガブリエル氏と、ローランド・ベルガー 日本代表 大橋譲が議論した。

<PROFILE>

マルクス・ガブリエル Markus Gabriel
ボン大学教授、哲学者 
「世界で最も注目を浴びる天才哲学者」と評される。ボン大学国際哲学センター所長。1980年生まれ。史上最年少の29歳で200年以上の伝統を誇るボン大学の哲学科・正教授に抜擢される。西洋哲学の伝統に根ざしつつ「新しい実在論」を提唱して世界的に注目される。著書『なぜ世界は存在しないのか』は世界中でベストセラーとなった。NHK・Eテレ『欲望の時代の哲学』等への出演も話題に。

大橋 譲 Yuzuru Ohashi
ローランド・ベルガー 日本代表
カリフォルニア大学サンディエゴ校情報工学部卒業。日本ヒューレットパッカード、サピエントを経てローランド・ベルガーに参画。米系戦略コンサルティング・ファームを経て現職。製造業・ハイテク、石油・化学、IT企業等、幅広いクライアントに対して、欧米文化と日本の文化を交えた企業改革や事業再生、クロスボーダーを伴う成長戦略や企業買収の検討・統合など異文化が大きな壁となる様々な経営課題の解決で多くの支援実績を有する。

アイデンティティと多様性の関係

Identity and Diversity

大橋:ガブリエルさん、今日は宜しくお願いします。私はローランド・ベルガーの日本の代表をしていますが、ローランド・ベルガーには多様性を重んじるカルチャーがあり、日本オフィスにもその文化が根付いています。ただ、日本社会全体として多様性についてもっと議論をして、考えを深める必要があると感じています。今日は、そんな議論の場にしていけたらと思っています。

ガブリエル:ローランド・ベルガーはドイツの会社なので、よく知っていますよ。私自身は日本にも関心があるので、日本オフィスの大橋さんとお話できるのを楽しみにしていました。今日は宜しくお願いします。

大橋:多様性に関してガブリエルさんと話したかった理由のひとつは、僕自身が多様性の狭間で生きてきたからです。私は小さい頃からアメリカで育ったので、自分がアメリカ人なのか日本人なのか、自分自身のアイデンティティの解釈に悩んだ時期がありました。他人から様々なステレオタイプに分類されることに違和感を持っていました。日本人やアメリカ人というような分類ではなく、私は私なのですが。

ガブリエル:アイデンティティという言葉が出てきましたが、哲学の観点から述べられることがあります。哲学の分野において、人間は「自己解釈する動物」です。例えば、私が身長180cmであるという事実に解釈の余地はありませんが、私が教授や哲学者であるということは、解釈の対象となります。自分で自分は哲学者だと考えているからこそ、私は哲学者なのです。そして、その具体的な解釈の一つひとつがアイデンティティとなります。

「何をもって日本人とするか」という解釈の仕方も一人ひとり違います。“日本人”という単一の何かがあるというのはフィクションであり、実際には存在しません。あるのは日本の社会や経済、国家のみです。それなのに、そこに参加している誰もが「日本人である」という包括的なアイデンティティが存在すると錯覚し、それに応じて行動をしています。本来人間は自由で多様な考えをもつ動物であるはずなのに、アイデンティティという人間の解釈によって生まれる様々なステレオタイプがあることで、多様性が阻害されていると思います。

自律的なプロフェッショナルが結束するには

How can autonomous professionals unite?

大橋:ローランド・ベルガーは経営コンサルティング・ファームとしては珍しく、各国のオフィスが分権的なかたちで経営を行っています。本社を中心としたトップダウン形式で仕事を進めるのではなく、各オフィスが自分たちで考え自由に活動できるようになっているのです。責任のある自由と多様な考え方をもったプロフェッショナルたちが協力・連携できるこのやり方は、私たちの大きな強みだと考えています。

ただし、こうした文化の中で、多様なプロフェッショナルたちを束ねることは簡単ではありません。私の考えるプロフェッショナルとは自分の頭で考えて一歩先を自走できる人たちであり、それゆえに分散しがちになるからです。なんらかの規律(Discipline)によって束ねることが必要だと考えています。

ガブリエル:大橋さんのおっしゃるプロフェッショナルの定義は、哲学における「自律的主体」という考え方そのものです。「自律的主体」とは、自らが設けたルールにしたがって行動する主体を指す言葉です。もちろん、自らが設けたルールとはいっても成功するための守るべき共通のルールは前提としてありますが。

大橋:まさに。そんな人々をどう結束させていったらよいのでしょう?

ガブリエル:まずひとつは、お互いが他者の自律性を奪ってはならないということが言えます。ですから、誰かが誰かを従えるといった構造ではなく、ローランド・ベルガーの哲学やビジョンなど、全員で共有できるものを軸に結束する必要があります。ドイツ古典主義哲学の祖であるイマヌエル・カントは、自律的主体が同じ目的の下で共存する場を「目的の王国」と呼んでいます。そのような状態を作らなければなりません。

ローランド・ベルガーのようなプロフェッショナル同士が活動する組織にとっての共通の目的はビジネスとしての成果や対価というものもありますが、「世界をよりよくしたい」という道徳的価値で表現できる目的も必要です。

ビジネスと道徳的価値観

Business with moral values

ガブリエル:ビジネスによって世界をよりよくしていくという道徳的な観点ですが、これがなければ自律的主体同士の競争が始まってしまう可能性があります。

大橋:ガブリエルさんは著書のなかで「普遍的な道徳的価値観」について書いていらっしゃいます。ビジネスの世界における「普遍的な道徳的価値観」とは、どういった意味を持つと思われますか。

ガブリエル:私の考えですが、世界が大きく連動してしまうデジタルな時代において必要なのは、株主価値を最大化する資本主義ではなく、普遍的な道徳的価値をもった資本主義ではないかと思っています。昨今サステナビリティの重要性が問われていますが、まさに道徳的価値の典型例だと思います。つまり今後の成功のためには道徳性とビジネスを共存させることが必要だ、ということだと思います。ただし共存するためには多様性がとても重要です。

大橋:なるほど。道徳的価値観をもって活動しながらビジネスとしても成功している事例はありますか?

ガブリエル:スタンフォード大学が良い例だと思います。意外に思うかもしれませんが、スタンフォード大学・大学院はビジネス的に成功しています。シリコンバレーという世界的にみても時価が高い場所で不動産デベロッパーとして多くの事業を展開しています。大学や大学院は公的な援助など得ることなく運営し利益も出しています。

そこで働く教員達は、世界中に眠る真実を解明する多様なプロフェッショナルです。そういったプロフェッショナル達が「社会の利益」のためという共通の目的のために協業する、これがまさに大橋さんが求めているプロフェッショナル達が結束している状態に近いのではないでしょうか。多様性、普遍的な道徳的価値観、そして資本主義が重なり合うことで今後の社会をリードできると思います。

日本に必要なのは「考え方の多様性」

Japan needs ‘diversity of thinking’

大橋:ガブリエルさんは日本社会への深い理解をお持ちですが、多様性の観点から見て、日本文化の長所や短所についてどのように考えられていますか?

ガブリエル:日本は過去150年で、とても教養のある国に急成長しました。社会的不平等も少なく、小さな国ながらも経済的に世界トップレベルです。ただ、その成功がゆえに、保守的になってしまったのでしょう。いまはテクノロジーによって人類史上最も急速に社会が変化しています。保守的な考え方だけでは急速な変化に対応しきれません。

大橋:過去の成功に囚われすぎて変わりたくないと考える傾向が強いですね。企業が来期予算を考えるにしても、0から考えるのではなく、昨年対比数パーセントの成長などという考え方をしがちです。新しいことを議論できない。それが、日本の文化や社会が直面している壁だと思います。正しいと信じられる未来よりも、間違いを犯さないことを優先することが多いですね。

ガブリエル:守るべきものを守りながらも、未知の世界に飛び込んでいく覚悟も必要です。それと同時に、必要なのが多様性です。といっても、アメリカのような、人種や宗教の多様性に対する考え方を真似するのでは意味がありません。日本とは状況が違いすぎるからです。

大橋:そうですね、日本に必要なのは「考え方の多様性」だと思います。

ガブリエル:そのとおりだと思います。日本は自分たちの国について、客観的に考えることが少なすぎるように感じます。日本はこのままで良いという考え方に囚われているのです。異なる考え方の人や、日本を内と外の両側から見ることができる人を、もっと議論に取り込むべきです。

大橋:そうですね。どうすればそれを実現できるのでしょう。日本には「出る釘はうたれる」「赤信号、みんなで渡れば怖くない」といったことわざがあるほど、同質的・同調的です。1970〜90年代に日本が経験した高度成長期においては重要な文化だったかもしれませんが、いま現在の社会では足かせになっています。この状況をどう打破すればいいのでしょうか?

ガブリエル:先見性があり多様な考えを持つプロフェッショナルを、組織に組み込んでいったらどうでしょう。例えば、電動自転車を製造している会社で、みんなが「どうしたらより軽くできるだろうか」という問題に取り組んでいる時、ビジョナリーな人は「もっと移動に最適な乗り物がありそうだ」と言って、全く違うアイデアを提示してくるかもしれません。非常にクリエイティブな思考を会社に導入できますよね。そうすれば、社会や組織は変わっていきます。

未来志向の多様な議論を生むために

For future-oriented discussions

大橋:なるほど。ただそういう人を見つけることは、特に日本では難しいように感じます。具体的にはどんな人なのでしょうか。

ガブリエル:私の考えるビジョナリーな人は、スティーブ・ジョブズのような人間ではありません。異なる視点から物事を見る人です。例えば、政治学者や社会学者といった人々がプロジェクトに加わることで、これまでとは全く違う視点で物事を考えられるかもしれません。

この対談自体も、何か新しい視点を得るために、哲学者である私と話すという機会をつくっているわけですよね。こういう機会を、日本の企業はもっと増やすべきです。プロフェッショナル同士が共通の目的として持っている「より良い社会を作る」という目的について多様な議論を重ねていくことで、イノベーティブなアイディアが生まれるのではないかと考えています。

大橋:日本人の多くは、まだ日本は大丈夫だと信じていて、他国から忘れ去られつつあることに気づいていません。手遅れになる前に、ビジョナリーな人々の声で目を覚ます必要があります。保守性と革新性のバランスも重要ですね。イノベーションがすべて、ということではなく、そこから生まれたアイデアを持続可能なシステムにしていくことも同時に必要だと思います。

ガブリエル:本当の意味での革新のためには保守性は重要です。なぜならサステナビリティは保守的な観点から生まれるからです。米国で一般的に言われるイノベーティブな企業は、持続的に成長することが難しいと思います。これは守るべき倫理観がなく、ただイノベーティブな発想や技術だけで今を生きているからだと考えています。

一方、保守的な考えがまだ残っている日本はまだまだサステナブルに成長できる可能性を秘めていると思います。世界に向けて「日本には大きな伸びしろがある」というナラティブを発信し得るのです。保守的な国だったからこそ、これからもっと未来志向になって成長する余地があると。そうすれば、日本はまた他国のロールモデルになれるはずです。

大橋:過去に成し遂げた実績があるのだから、もう一度できるはずということですね。

ガブリエル:そうです。かつての日本は未来志向でした。未来志向であることは、日本の伝統であり概念であるとも言えます。だからこそ、その未来志向の伝統に誇りをもつというナラティブが成立しうるのです。そうした強いナラティブが変化のためには必要とされています。

大橋:そうですね。ビジョナリーな人々との議論を深め、考え方や価値観の多様性を広げていくことで、また日本に未来志向を取り戻していけるのかもしれません。今日は、哲学や倫理の視点から、面白いディスカッションをありがとうございました。また今後もお話ししていきましょう。

ガブリエル:ぜひ日本で、もっとこのような機会をつくってください。また日本かドイツでお会いしましょう!

※本記事の英語版はこちらからご覧いただけます。

 

「ローランド・ベルガー Diversityプロジェクト」 については、こちらをご覧ください。

CATEGORY TOP
PAGE TOP