福田 稔

Partner

慶應義塾大学商学部卒、欧州IESEビジネススクール経営学修士(MBA)、米国ノースウェスタン大学ケロッグビジネススクールMBA exchange program修了。電通国際情報サービス(ISID)にてシステムデザインやソフトウェア企画業務に従事した後、2007年ローランド・ベルガーに参画。

 

アパレル、化粧品、ラグジュアリー、小売り、食品・飲料、インターネットサービス、人材サービスなどのライフスタイル領域を中心に、グローバル戦略、ビジョン策定、ブランド戦略、D2C、DX推進、サステナビリティ戦略等の立案・実行に豊富な経験を持つ。東京オフィスの消費財・流通プラクティスのリーダー。

 

経済産業省「服づくり4.0」をプロデュースし、ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 2017「クリエイティブイノベーション部門」ゴールド賞受賞。同省主催の「若手デザイナー支援コンソーシアム」も支援するなど、政策面からのアパレル業界に対する支援も実施。
また、PEファンドの支援を通じた消費財企業に対する投資・再生支援実績は業界トップクラス。シタテルやIMCFの社外取締役を務めるなど、業界の革新を促すスタートアップに対する支援も行う

 

近著に「2030年アパレルの未来 日本企業が半分になる日」(東洋経済新報社)、共著「2030年ビジネスの未来地図 これからを生き抜くための戦い方」(PHP研究所)他、生活者、B2C、サステナビリティ関連の寄稿・講演多数。企業・政府・PEファンド・スタートアップ・メディア活動の5つの視点から、業界全体の成長・革新を促すための活動に日々従事している。

Related articles

世界のビジネストレンドをメンバー独自の視点で解説した記事コンテンツ
PAGE TOP