NEWS
2018.11.30

初の社内ベンチャー組織を発足ローランド・ベルガー、移動総量を増やして経済活性化を促す

欧州系最大の戦略コンサルティングファームの日本法人である株式会社ローランド・ベルガー(東京都港区:代表取締役社長 長島 聡、以下ローランド・ベルガ―)は、日本法人では初となる社内ベンチャー組織である「みんなでうごこう!」プロジェクトを発足させ、11月下旬より本格的に活動を開始しました。

同プロジェクトは、日本における移動の総量(移動した人数×移動した距離)を増やし、経済を活性化させることを目指すものです。

移動総量とGDPには相関があり、2005年度から2015年度の間で、旅客輸送量(単位:人キロ)が6%伸びているのに対し、実質GDPも6%向上しています。モビリティーにおける移動総量を増やすことで、都市部だけでなく、地方部の経済活性化が期待できます。

同プロジェクトの活動内容は主に二つです。一つは、ソリューション事業で、企業や自治体と協力して、移動を増やすソリューションを実際に立ち上げていきます。例えば、地方都市、地域の魅力を高める街づくりにおけるビジネスアイデアの創出や、宿泊施設や観光施設、駅などを結ぶ2次交通に新しい手段を導入することなどです。こうしたソリューションは、1カ所で適用した手段の一部分を変えるなどして、地域の特性ごとに最適化できる構造とし、全国の他の地域に展開することを目指します。

また、移動課題を収集する仕組みとして、地方の協力者が移動に関する課題を動画で撮影し、Web上に公開する「ソーシャルユーチューバー」を組織化し、全国の課題を集めていきます。このデータを活用し、課題を分類することで、汎用的な解決策の構築に役立てます。

もう一つは、移動を活性化するための情報発信サイト「みんなでうごこう!」の開設です。ここでは、地方の魅力的な場所を紹介するレポート、さらにソリューション事業におけるビジネスアイデアを紹介するコラム、ソーシャルユーチューバーの動画を一部掲載するなどで、成功例を紹介するとともに、課題の見える化を行います。情報発信サイトは11月19日に正式オープンしました。

ソリューション事業については、自治体や企業と協力して2019年前半に実際のプロジェクトを開始する計画です。

「みんなでうごこう!」プロジェクトの責任者はダイレクターの林達彦が務めます。

 

株式会社ローランド・ベルガー

ローランド・ベルガーは、1967年にドイツ・ミュンヘンで創設された欧州系最大の経営コンサルティング会社。現在世界で34カ国50オフィスに約 2,400名のプロフェッショナルスタッフを擁する。日本では1991年に設立。近年では、日本型イノベーションである「和ノベーション」を提唱し、日本企業の革新を進める。 AI、デジタルの力を武器に人を進化させ、あらゆる現場での新たな付加価値の創出を目指す。

 

CATEGORY TOP
PAGE TOP