【視点102号】 成功するクロスボーダー M&A のために
NEWSLETTERS:THINK ACT
  • 金融
  • BDD・M&A・PMI
2014.12.01

【視点102号】 成功するクロスボーダー M&A のために

【視点102号】 成功するクロスボーダー M&A のために
渡部高士
渡部高士
パートナー / 東京オフィス / +81 3587-6660

日本企業が関わるM&Aの件数は年々増加し、一般的な経営手法の一つとして定着してきたといえる 。

中でも、日本企業による海外企業・事業の買収であるクロスボーダーM&A案件は拡大している。M&Aの戦略的な重要性が高まる一方で、残念ながらその半数が失敗に終わっていることは否めない。

本稿では、その原因を解説し、成功するために必要な要件について具体的に論じる。

1)M&Aは企業の成長・勝ち残りの手段として当たり前に
日本企業が海外企業を買収するクロスボーダーM&Aは年間500件に増加しており、買収側企業の業種・規模ともに裾野が拡大している。

2)M&Aの成功確率は5割程度に留まる
M&Aが収益改善、株価改善に寄与するのは5割程度だ。戦略性の欠如と統合の失敗が失敗の大きな理由である。

3)成功するM&Aには入念な戦略立案と合併後の統合がカギ
入念な事前の戦略立案、シナジー検討は成功の必須条件。シナジーの確実な実現のための着実な統合は不可欠である。

 

RECOMMENDED TAG

CATEGORY TOP
PAGE TOP