【視点129号】「和ノベーションの仲間企業」
NEWSLETTERS:STUDY
2018.06.29

【視点129号】「和ノベーションの仲間企業」~志をともに、集った仲間たち~

【視点129号】「和ノベーションの仲間企業」
長島 聡
長島 聡
代表取締役社長 シニアパートナー / 東京オフィス / +81 3587-6660

我々の思うオープンイノベーションとは、志を共にする仲間がオープンに対話をしながらイノベーションを生むことです。単に、「自分が持っていない技術や能力を、外部の力を使って補完する」という感覚とは少し違います。仲間と一緒に、異なる経験からくる異なる能力や知恵を組み合わせて、未来を切り開く。仲間の持つユニークかつ一流の武器がたくさん目の前にあると、自らの戦闘力が上がり、大きな価値を生めると感じる。こんな感覚です。

創造生産性も高まります。創造生産性とは、生み出した新たな価値/掛けた時間ですが、分子の「新たな価値」の大きさは、仲間企業が持つ多様な価値観が交わることで大きくなります。仲間が持つ素晴らしい能力や知恵=「ありもの」をお互いに使い倒せば、スピードが格段にあがり、分母も小さくなります。創造生産性は一層高まるのです。すでに、30 を超えるプロジェクトで新しい価値が生まれています。全部ではないですが、今までにはないスピードが実現できているものもあります。もちろん、常識の違いなどで「産みの苦しみ」もありました。でも「このやり方はいける。楽しい」という手触りも生まれました。

今回紹介するのは、こうした新たな価値を生み出した、もしくは今まさに生み出そうとしている仲間企業を先導している方々です。今回は5社です。それぞれの持つ想いを、自社の持つユニークな能力と共に語ってもらいました。恐らく、伝わり切らないことも多くあると思います。でも、面白い人がいる、話してみたい、そんな気持ちを持ってもらえたら嬉しいと思っています。

CATEGORY TOP
PAGE TOP