【視点154号】コーポレート本社の存在意義を再考する ~投資家視点でDXとイノベーションを先導せよ~
NEWSLETTERS:THINK ACT
  • 企業・事業再生
  • 組織改革・幹部研修
2020.04.14

【視点154号】コーポレート本社の存在意義を再考する ~投資家視点でDXとイノベーションを先導せよ~

【視点154号】コーポレート本社の存在意義を再考する ~投資家視点でDXとイノベーションを先導せよ~
田村誠一
田村誠一
シニアパートナー / 東京オフィス / 03-3587-6660

本稿では、グループガバナンスの要であるコーポレート本社(CHQ)を取り上げ、事業部門視点、投資家視点双方から、その果たすべき役割と責任について考察します。

1)CHQの機能に満足している企業は23%に過ぎない
2)CHQの本質は、事業モデルの革新支援と経営資源配分の最適化
3)CHQはDXとイノベーションを先導し、多角化ディスカウントを打破せよ

CATEGORY TOP
PAGE TOP