【飛躍15号】ASEAN:民間が主導する統合医療ネットワーク
NEWSLETTERS:STUDY
2017.09.15

【飛躍15号】ASEAN:民間が主導する統合医療ネットワーク

【飛躍15号】ASEAN:民間が主導する統合医療ネットワーク
諏訪雄栄
諏訪雄栄
/ 東京オフィス / +81 3587-6660

2016年第3四半期決算は、ASEANのヘルスケア市場にとって、大きな変曲点を迎えたと言うにふさわしい内容となった。置かれている状況は少しずつ異なるものの、各グループとも、「売上、EBITDA、患者数、全てが2桁成長」というような状況ではなくなっている。ASEAN主要6ヶ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポール、ベトナム)の国民医療費は2014年で1050億ドルで、ローランド・ベルガーの予測では、2020年には2400億ドルに達する。この期間の年平均成長率は14.7%で、依然として「2桁成長が続く魅力的な市場」だ。にもかかわらず、ASEANを代表する民間病院グループの業績は、既に鈍化の兆しが見え始めている。それとも成長の鈍化は一時的なもので、また成長軌道に戻るのだろうか。

筆者の見立ては、「民間ヘルスケアセクターは構造的変化に直面しており、従来の総合病院モデルは既に曲がり角。今後はこれに変わるネットワーク型の医療モデルに移行しなければならない」というものだ。本稿は、従来の総合病院モデルに変わるネットワーク型医療モデルと、その鍵となるプレイヤー、そこで求められる新たなテクノロジーに焦点をあてることを目的としている。そこでまずは、その大前提として、ASEANの民間ヘルスケアセクターではどのような構造的変化が起こっているのか、について論じてみたい。

CATEGORY TOP
PAGE TOP