小野塚征志
小野塚征志
パートナー / 東京オフィス

【視点147号】
本稿では、サプライチェーンマネジメントによる“全体最適”の考え方を整理するとともに、その範囲を拡張することでの競争優位の確立と、その実現に向けては“見える化”と“仕組み化”が機軸となることを解説します。

1)サプライチェーンマネジメントの要諦は全体最適
2)供給プロセスの範囲を越えることでの競争優位の確立
3)見える化と仕組み化の重要性

CATEGORY TOP
PAGE TOP