【飛躍20号】アフターコロナに急展開するASEAN食品Eコマース
NEWSLETTERS:THINK ACT
  • 消費財・流通
2020.07.29

【飛躍20号】アフターコロナに急展開するASEAN食品Eコマース

【飛躍20号】アフターコロナに急展開するASEAN食品Eコマース
福田稔
福田稔
パートナー / 東京オフィス / 03-3587-6660

共著:下村健一 バンコクオフィス

新型コロナウィルスが猛威を振るい、外出自粛を余儀なくされた期間、世界各地で食品Eコマースが伸長した。実際、東南アジアでもシンガポールのネットスーパーであるRed Martはこの期間中、食品Eコマース売上が急拡大。ある食品カテゴリーでは従来の10倍の売上に至ったという。これは一過性のものなのか、または食品Eコマースがいよいよ市民権を得るということなのか。

伝統的小売と呼ばれる零細商店、未成熟なディストリビューター、そしてリープフロッグ的に進展したライドヘイリングなど、ASEANには食品Eコマースを特殊なかたちで進化させるファクターが複数存在する。本稿では、ASEANの食品Eコマースが取り得る可能性について論じる。

CATEGORY TOP
PAGE TOP