データ駆動型経営の現在地と未来(後編)
  • マネジメント

データ駆動型経営の現在地と未来(後編)企業変革力(DC, Dynamic Capability)強化に向けて

田村誠一
田村誠一
シニアパートナー / 東京オフィス

【視点176号】
本稿では、前編に続き「データ駆動型経営」を取り上げ、行動経済学やナラティブ経済、更には組織構造論と機械学習/AIの融合がもたらす「経営の未来」について考察する。

1)データ駆動型経営の本質は、 ダイナミック・ケイパビリティの強化にある
2)データ駆動型経営の領域は、 経営判断支援から行動変容支援へ拡大する
3)データ駆動型経営の進化は、 中央集権組織のティール化を促進する

CATEGORY TOP
PAGE TOP