来たるべきマイクロモビリティ社会の未来
  • モビリティ・自動車

来たるべきマイクロモビリティ社会の未来先行するグローバル事例からの示唆

田村誠一
田村誠一
シニアパートナー / 東京オフィス

本稿では、グローバル成長の続くマイクロモビリティ市場を取り上げ、先行するユースケースにみる目指すべき社会モデルについて考察する。

1)2025年、シェアリング電動キックボードは50~150億米ドル市場に
2)マイクロモビリティが飛び越えるべきは、「社会性」と「収益性」の溝
3)マイクロモビリティはサステナブルなスマートシティ実現の橋頭保

 

CATEGORY TOP
PAGE TOP